髪の毛のキューティクルにはヒートケア60低温ドライヤー

髪の毛のキューティクルを壊さない様にするにはヒートケア60低温ドライヤーが必要です。

キューティクルは髪の毛を美しく見せる上でとても大事なものです。

 

でも一体キューティクルってなんなの?
それにキューティクルっていつ壊れるの?
壊れたら元に戻らないの?

 

などなどキューティクルに対して様々な疑問があると思います。
ここではそんな疑問にお応えしたいと思います。

 

まずキューティクルとは何か?

 

キューティクルとは髪の毛の一番外側にある層でうろこ状のものです。
これは外側から髪の毛の内部を守る役割として存在します。

 

これが綺麗に整っていると手で髪の毛を梳かした時に引っかからずサラッと通りますがキューティクルが傷んでいると指通りが悪く引っかかったります。それにキューティクルが傷んでいると髪の毛の艶も無くなってきてしまいます。
TVで見る女優さんの髪の毛って艷やかで綺麗に見えません?
あの状態がキューティクルがしっかりと綺麗に整っている状態なんです。

 

キューティクルはいつ壊れるの?

 

基本的にキューティクルは高温を当てられたり水分量が多くなると開いたりします。
これはどういう状態かというと高温は真夏の直射日光を浴びたりドライヤーを当てたりした時で水分量が多くなる時はお風呂に入った時や雨の日等の湿度が高い時です。
この様な状態の時にキューティクルは開いてしまいます。

 

こういった理由からパーマをかけると髪の毛が痛むとかオフロに入って髪の毛を乾かさないと髪の毛が痛むと言われています。

 

キューティクルは壊れたら元に戻らないの?

 

これは結論から先に行ってしまうと戻りません。
新しい髪の毛が生えてくるまで傷んだ髪の毛はそのままです。
いくらケアしても戻る事はありません。
髪の毛は死んだ細胞なので自己修復機能がありません。キューティクルが一度剥がれてしまうとまた再生するという事は出来ないのです。
その為普段からキューティクルが剥がれたりしないようにケアしていく事が大事になります。

髪の毛のキューティクルを壊さないようにする方法

髪の毛のキューティクルを壊さない様にする方法はいくつか有りますが、まず一番に改善出来るお勧めの方法がヒートケア60低温ドライヤーを使うことです。
ドライヤーは毎日使うものなので高温のドライヤーを使っていると毎日髪の毛を痛めている事になります。
ですがヒートケア60低温ドライヤーを使えば毎日髪の毛を痛めずに乾かす事が出来るのでオススメです。

 

頻繁に美容室へ行ってヘアトリートメントにお金を払うくらいなら一回だけの支払いで済むヒートケア60低温ドライヤーを使ったほうがよっぽど効果があります。
なんせ毎日のことですからね。毎日コツコツ積み重ねていくのが美髪への道です。

 

モチロン毎日のように美容室へ行ってヘアトリートメントが出来る環境ならそちらでも良いと思います。
ですが普通はそんな事出来ないですよね?もちろん私も出来ませんw

 

何故こんなにヒートケア60低温ドライヤーをお勧めするのか?
それは私は実際にヒートケア60低温ドライヤーを使ってみて良かったと思っているからです。

 

体験記をご覧になって見て下さい。
きっと良さが伝わると思います。(私の文章が下手でなければ・・・)

 

>>ヒートケア60低温ドライヤーの詳細はこちらから

 

     

>>ヒートケア60低温ドライヤーの口コミ!使用後の効果や感想を掲載のトップ・ページへ戻る